ヨーキー☆らりい☆のアメリカ便り

アメリカのコネティカット州で暮らすヨーキーの男の子と日々の生活を綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しばしのお別れ

この日がどんなに待ち遠しかったことでしょう。
この日のために、いろいろ準備もしてきました。
011 (2)

半年も前から着々と準備をし、今日、あくま君をマサチューセッツ州まで送り届けてきました。3時間の道中も、これから3週間の自由の身を思えばなんのその。
今日から3週間、あくま君はお泊りキャンプです。らりぃ母とらりいには平和で静かな時間が待っています。なんて幸せなんでしょう。
昨年もこのプログラムにお世話になりました。自分の将来尽きたい職業について学べます。昨年は、『獣医さんコース』でした。今年は、『科学者コース』だそうです。

昨年のお部屋はこんな3人部屋でした。
2007 052 
ルームメイトとお部屋をシェアします。

たくさんの友達と 2007_068_convert_20080614123323.jpg

2007_070_convert_20080614123405.jpg

良い思い出が出来ました。

今年のキャンパスは、Wellesley College
011_20080630115405.jpg ヒラリー・クリントン氏の母校です。
歴史のある由緒正しい女子大ですが、夏のキャンプには男女に開放しています。
003_20080630115737.jpg


ドミトリー(寮)は、こんな趣のある建物です。
009_20080630115901.jpg

あくま君の寮(Shafer)008_20080630115958.jpg

今年のお部屋は二人部屋。ルームメイトは、中西部のウィスコンシー州から来たアンドリュー君。
010_20080630120335.jpg
031_20080630120553.jpg 初日のスケジュール
晩御飯はTaco Barのようですね。3週間、アメリカンのお食事です。

今年はどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

| 子供のこと | 22:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぎんさんりんさん様

この年頃の1年間は変化が大きいですね。写真を見比べてみるとびっくりです。上の子(18歳)になると、ほとんど変化をしませんけれど。

3週間、同じ釜の飯を食べる?わけですから、絆を深まるようですよ。息子にとっては、アメリカ生活の宝物です。

| らりぃ母 | 2008/07/03 08:05 | URL |

もじ子さま

私にはよくわからないのですが、そんなに日本人とアメリカ人の「笑いのつぼ」は違うのでしょうかね。
ウィットに富んだ会話が話せたら一人前ということでしょうか。

アメリカの郊外は今でも、のんびりとした良き時代のアメリカのままの所もありますよ。

| らりぃ母 | 2008/07/03 08:00 | URL |

NoTitle

昨年に比べるとお坊ちゃまは
ずいぶんとたくましくなられた感じですね
一年の成長はすごいですね
由緒あるところでキャンプなんて
素敵ですね、将来の良い思いでに
なりますね 今後が楽しみですね。

| ぎんさんりんさん | 2008/07/02 09:15 | URL |

NoTitle

アメリカ人の笑いのつぼが分らないとはツライですね、あくま君!
しかし、あの笑いに染まるのもどうかと・・・(^ ^;)
らりぃ母さんのブログ見てると、恐ろしい事件だけでなく70’sなままの感じ(?)
のアメリカも健在なんだなーって思います!

| もじ子 | 2008/06/30 23:01 | URL |

momo* さま

いえ、いえ、息子は文句たれたれでキャンプに行きました。行かなかったら、夏休みに日本への一時帰国なしと脅迫しましたので、しぶしぶ行ったようなもので。

海外留学に興味のある方にしてみれば、贅沢な話ですが、息子にとってはありがた迷惑なんです。

アメリカ人、映画のシーンでもわかるように、とにかくノリノリですからv-313息子はついていけないようです。アメリカ人の『笑いのつぼ』が未だにわからないと嘆いています。

| らりぃ母 | 2008/06/30 22:37 | URL |

lalanonさま

私も、息子の行く所をいい加減にしか覚えていなかったので、昨日、初めてヒラリーさんの母校だと知りました。

お部屋は古かったですが、なかなか趣のあるドームでした。次男は、バリバリの文系くんです。というか、数学が苦手なようですv-393ただ、たまたま選んだコースが理系だっただけで…英語がまだまだいまひとつなので、文系コースは取るものがなかったというか(汗)

| らりぃ母 | 2008/06/30 22:31 | URL |

eco さま

日本とアメリカでは何につけても規模が違います。なにせ面積からして違いますからね。どこまで行っても、広い土地が広がっています。そこで育つ子供たちはおおらかになりますよね。

子供から開放され、嬉しくて仕方がありません。自分のペースで生活できるのは最高ですv-238夫も出張だったら、もっと開放感を味わえるのにと思っています。

| らりぃ母 | 2008/06/30 22:26 | URL |

アッキー&ナッキー さま

コメントを有難うございます。Blue Blueberryさんのところでお名前を拝見していて遊びに伺いました。

私も結婚当初、西宮に住んでおりました。人生初の関西だったので、関東との違いには驚いたものです。昨年、大阪に1日ほど遊びに行ったのですが、串揚げが美味しいのにびっくりしました。エスカレーターの急いでいる人専用レーンも関東と関西では違いますね。
アメリカでも文化の違いを感じますが、関西に住んでいたときも国内なのに感じましたよ。
また、遊びに伺いますね~v-222

| らりぃ母 | 2008/06/30 22:23 | URL |

NoTitle

これまたアメリカのハイスクール映画の
ワンシーンを見ているようです。
ヒラリーさんの母校なんですかー?
本当に何からなにまでステキに見えてしまうミーハーな私です。
そして何度も書きましたが、緑豊な素晴らしい環境!
こんな環境のところで学べる機会を作ってくれた
お母様に感謝しているんでしょうね!
だってあくま君、いつもいいお顔しています。

| momo* | 2008/06/30 10:58 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

いないのは寂しいですけど、少しうれしいですよね~
わかりますすごく(笑) 長い休みの後、私も息子が寮に戻るとちょっとほっとしますv-398
それにしてもドームも素敵ですね~ あくま君が泊まる寮もいいな~
v-405ヒラリーの母校ですか?ミーハーですからそれだけで
子供のことを忘れて写真をパチパチとりまくってしまいそうです^^; 
あくま君は理系が得意なのですね~ お見送りごくろうさまでした。

| lalanon | 2008/06/30 06:39 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

思いっきりアメリカ~ン!ですね。
日本とはカリキュラムが違い過ぎるような。
アメリカの子供は色々(紙粘土の人形とか。。。笑)勉強できていいですね。
ママも思いっきり自由を楽しんでくださいね。

| eco | 2008/06/30 05:42 | URL |

NoTitle

はじめまして。
訪問ありがとうございました。
今、アメリカにいらっしゃるのですか?
日本とは違う風土で、大変なことも多いでしょう!?
お子さん、今が1番色々吸収するときですね!

| アッキー&ナッキー | 2008/06/30 00:59 | URL |

NoTitle

あの強いヒラリーさんの母校はとても綺麗な良い感じの学校でした。名門女子大のようですが、あそこまで強い女性を作る学校というのもねぇ。

息子は、夏休み直前にサッカーの試合で、試合中ではなく、友人とふざけあっていて、こけて、ひびが入りました。大馬鹿くんです。自業自得でございますの。

| らりぃ母 | 2008/06/29 23:44 | URL |

NoTitle

そうでした、そうでした、アメリカの子弟は
なが~い夏休みをおうちでぶらぶらとは過ごさないん
でしたね。
これは道中長くてもママさんはウキウキでお見送り
しますよね。準備にも時間が掛かるのですね。
ほぉ~ヒラリーさんの母校ですか。
子供のうちから将来を見据えたお勉強が出来るとは
良い経験になるでしょう。
毎年確実に何かを身に付けてくれるでしょうね。
んっ?坊ちゃん、腕、ケガしてますか?大丈夫かな?

| 小春母 | 2008/06/29 22:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://princelarry.blog52.fc2.com/tb.php/109-bfdcaf70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。