ヨーキー☆らりい☆のアメリカ便り

アメリカのコネティカット州で暮らすヨーキーの男の子と日々の生活を綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと足を伸ばして

あくま君を送ったついでに、ボストンまで行きました。我が家は、ここまで来たらどうしても行かなくてはならないレストランがあるのです。

が、その前にらりぃ父には行きたいところがあり、なんと、美術館だそうです。めずらしいこともあるものです。

ボストンといえば、ボストン美術館かと思いきや、イザベラ・ストュアート・ガードナー美術館だそうです。聞いたこともない美術館ですし、らりぃ父に何が起きたのかと思い尋ねると、先日、TVのミステリーチャンネルでこの美術館で起きた事件が取り上げられていたとのこと。

1990年に13点の美術品が盗まれ、いまだにみつかっていないとのこと。盗まれた中には、フェルメールやレンブラントの大作があったそうです。そして、その盗まれた絵が展示されていた部屋には空の額縁だけが今でも残っているのだそう…。

ということで、イザベラ・ストュアート・ガードナー美術館に行きました。

013_20080630140109.jpg


ボストンの大富豪の未亡人が生前住んでいた建物で1~3階が美術館のフロアになっています。
012_20080630140102.jpg


とても素晴らしいコレクションでした。ボストンに行かれたら、是非、足を運んでください。

写真を撮ることが禁止されていましたので、中の様子は美術館のサイトから頂きました。

明るくて、居心地の良い中庭~クロイスター美術館に似ています

cmumu005_02.jpg


絵が盗まれたダッチルーム

view_dutch_ne.jpg 4点の空の額縁がそのままの状態で残されていました。


ガードナー夫人の自画像sargent_p30w1.jpg


美術館で一番古い時代の絵giuliano_p27e46.jpg
1307年だそうです。金箔が今でも鮮やかです。

タペストリーのコレクションもなかなか見事ですし、夫人が岡倉天心と交流があったということで屏風絵などもありました。

盗まれて、懸賞金がかけられているというフェルメールの絵
531px-Vermeer_The_concert.jpg

今、どこに眠っているのでしょう。


らりぃ父のお陰で、とても有意義な時間を過ごすことができました。当のらりぃ父といえば、絵が盗まれてしまった空の額縁の前で、満足そうに時間を過ごしていました。コレクションが観たかったといより、事件現場が見たかったようでした。さすが、男の子(?)です。




そして、目的のレストランは、ボストン最古のレストラン

016_20080630141854.jpg ユニオン・オイスター・ハウス

019_20080630142057.jpg


023_20080630142642.jpg 024_20080630142653.jpg


オーダーするものも決まっています。

ボストンのビールと 020_20080630142146.jpg



021_20080630142220.jpg クラムチャウダーと


ロブスター 026_20080630142231.jpg



今日は、前菜に初挑戦 025_20080630142353.jpg



全て、満足のいくお味でした。

028_20080630142455.jpg 併設のギフトショップでお土産を買って、

日帰りボストンの旅は終わりです。


| ボストン | 23:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Blue Blueberry さま

私はボストンが大好きなんです。歴史のあるこじんまりとした良い所です。この美術館はもし機会があれば、是非足を運んでくださいね。良かったですよ。

お食事は、ボストンもシカゴも私の住む町も変わらないような気がしますけれどねぇ。旅先なので美味しい気がするのかもしれません。

| らりぃ母 | 2008/07/11 21:38 | URL |

lalanon さま

はい、今回は息子がいなかったのでゆっくり見れました。
我が家はlalanon さんのおうちのように仲良し夫婦ではないので、入り口で別行動…出口集合!という感じなんですよ。
このミステリー、なかなか興味深いです。13点ほどの作品が盗難にあったそうですが、いまひとつのものも含まれていたとのこと。もっと、価値の高いものもあったのにそれには手をつけず・・・さて、どんな犯人なのでしょうね。

| らりぃ母 | 2008/07/11 21:35 | URL |

ぎんさんりんさん様

私は若い頃は美術館に興味がありませんでしたが、最近面白いな~と思い始めました。ぎんさんりんさんサンはヨーロッパに行かれているので、たくさん美術館に行かれているのでしょうね。
本当は生牡蠣が食べたかったのですが、今は当たりそうで怖かったので、仕方なく焼いた牡蠣を頂きました。でも、やっぱり生牡蠣が一番です。

| らりぃ母 | 2008/07/11 21:30 | URL |

アッキー&ナッキー さま

この美術館はガードナー夫人の個人の財産だったそうです。この美術館を一般に開放するにあたりガードナー夫人は、絵の配置を含め、決して状態を変えないようという遺言を残されたそうです。そのため、盗まれた今でも、絵の配置を変えずにそのままの状態を保っているのですって。とても、興味深い話ですね。日本では、あり得ないですよね~。

| らりぃ母 | 2008/07/11 21:26 | URL |

NoTitle

ボストンには、そんな美術館があるんですねー。
夫が数回、出かけたので一緒に行ったら、よかったな・・・。
シカゴ近郊とは打って変わり、ご飯もおいしそうです。
いつかUSで、牡蠣を食べてみたいなぁ・・・

あくま君は無事、いなくなり?! ゆる~りとお過ごしください

| Blue Blueberry | 2008/07/08 09:18 | URL |

NoTitle

このミステリーのお話おもしろいですね~
実際のお写を拝見するとちょっとリアルな雰囲気が
してとても楽しんで読まさせていただきました。
さすがらりぃ父さんですね~
このレストランは私も1度連れて行ってもらったことが
あります!やはりクラムチャウダーを頼みました♪
パパさんと水入らずで素敵なデートでしたねv-238
(あくま君がいないので、今回はゆっくり見れたのではないですか?笑)

| lalanon | 2008/07/01 18:43 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

素敵な美術館ですね
私も是非行きたいところです。
ミュージカルは苦手ですが美術館めぐりは
大好きです。
ロンドンは歴史の古い町というイメージですが
こちらのレストランのお食事はすぐにでも
頂きたいくらい美味しそうですね。
前菜はオイスターが入っているのですか?

| ぎんさんりんさん | 2008/07/01 11:16 | URL |

NoTitle

美術館がそのままからの額を飾っておくと言うのは、
日本では多分考えられないことですね。
日本なら、恥とまず考えてしまうでしょうから・・・。
でも、もし、犯人が再訪したら、心にチクッと思わせたいし、事件を一般の人にも風化させたくないという思いもあるのかな。

| アッキー&ナッキー | 2008/07/01 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://princelarry.blog52.fc2.com/tb.php/121-cffbf48d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。