ヨーキー☆らりい☆のアメリカ便り

アメリカのコネティカット州で暮らすヨーキーの男の子と日々の生活を綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

会いたいお友達

今週はらりぃ父が日本に行っているので、簡単な晩御飯で過ごしています。

今日は、“Amish Chicken Casserole”を作りました。

材料は、こちら。

008_20080411091110.jpg 011_20080411091132.jpg


日本ではあまり使わない“Egg Noodle”。卵が入ったパスタのような麺です。中華にもエッグヌードルがありますが、それとは別のものです。

レシピはこちら‚¨‚¿‚±‚Ý
012_20080411091605.jpg


前回の駐在の時にお友達から習ったものです。1994年の日付があります。もう、随分昔のことですね。

彼女はBethといって、あくま君’s兄のナーサリー時代の友達のお母さんでした。当時の私は、海外生活も初めてということで色々とわからないことがたくさんありました。Bethには、優しくしてもらって、教えてもらうことばかりでした。

014_20080411092100.jpg


日本に戻ってからも数年は手紙のやりとりをしていたものの、お互いにあちこち引っ越すうちに音信不通になってしまいました。Eメイルの時代ではなかったですから…

もう一度、会ってあの時のお礼が言いたいとずっと思っています。

これを作る度に彼女を思い出します—Ü

で、“Amish Chicken Casserole”ですが、日本でいえば“マカロニグラタン”のようなものですが、
このエッグヌードルの食感がなかなか美味しいのです。

015_20080411092642.jpgマッシュルームたっぷり


オーブンで焼いて 025_20080411092750.jpg


洗い物も少なくということで、一皿料理の出来上がり

027_20080411092932.jpg


マッシュルームと赤ピーマンとグリンピースのホワイトソースは日本人感覚とは違います。お味も一味違うのですが美味しいんですよ。外国の家庭料理の味ƒGƒGƒFƒbIHIHがします。色が黄色いのはメキシカンチーズを乗せて焼いたためで本当はもう少し色白です。

下にレシピを書きますので、簡単なのでエッグヌードルが手に入ったら試してみてくださいね。(もちろん、マカロニでもOKですが)
なんとなく、アメリカンな味が楽しめますƒO[I



アーミッシュ・チキン・キャセロール

*材料*(2~3人分)

鶏肉 モモ肉1枚
赤ピーマン(1cm角に切る) 1/4
マッシュルーム        10コ~15コ(多いと美味しいです)
グリンピーズ          お好みで
バター              大さじ4
小麦粉              大さじ3
チキンブロス          1カップ(250cc) *アメリカの1カップは250ccです
ミルク              1/2カップ
エッグヌードル         150g
塩、こしょう

*作り方* 

1、チキンをさいの目に切って、軽く塩、こしょうをして炒める。
2、大きめな鍋にバターを溶かし、マッシュルームを炒める。そこに、小麦粉をいれまた炒める。(粉っぽくならないように、焦がさぬようよくいためてください)
3、ブロスを少しづつ加え混ぜ、次にミルクを加えだまが残らないように混ぜる。
4、赤ピーマンとグリンピースを加え、塩、こしょうで味を調える。
5、鍋にたっぷりの水を沸かし、塩をいれ、エッグヌードルをゆでる。3分ほどで可。このあと、オーブンに入れ、熱を加えるので少し柔らかくなればよい。
6、エッグヌードルの湯をよく切り、4の鍋に加え、チキンも加え混ぜる。
7、キャセロール(オーブン用の器)に入れ、パルメザンをお好みでかけて、オーブンで20分~30分ほど焼く。(160度~180度)チーズがとろけて、ブクブクしていたらOKです。

6の状態で冷まし、冷凍保存もできます。食べたい時にチンするだけです。


         

| お料理&お菓子 | 00:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。